ジャグラー立ち回り

【初心者必見!!】ジャグラーで負けない立ち回りをする為に必要なこと3選【厳選】

「今日もジャグラーで負けてしまった」慣れないうちは勝ち方が分からず現実逃避をしてしまいたくなるくらい負けてしまうこともありますよね。
どうしても勝てないと悩んでいる人は、まずは負けないようにすることを目標にしてみませんか?まずは負けない環境に身を置き、徐々に勝つことを目指してみるだけでも長期的な収支は改善されます。

今回はまずはジャグラーで負けないようにするための立ち回りのコツを伝授していきます。

ジャグラーで負けない立ち回りをするには高設定に座る

ジャグラーで負けないように立ち回るためには、まずは高設定に座ることを目標にしましょう。
設定6に拘らずにまずは目標を下げて設定4以上を目指してみましょう。

REG確率がいいジャグラーに座る

設定4以上を目指すだけなら立ち回りは比較的簡単になります。
回転数が多くついている、かつREG確率が一番高い台に座るように心がけます。

全シリーズを通して1/280以上のREG確率のジャグラーに座っていけば自然と高設定に座ることが出来ます。

ぶどう確率が優秀な台で粘る

打ち始めたらぶどうを数える癖をつけてください。
ぶどう確率が高ければ高いほどより設定6の可能性が上がり、収支もよりよい内容に変わっていくでしょう。

小役を数えるときはアプリを使用したり、小役カウンターを使用すると楽に数えることができます。
いざ良い挙動をした時に、ジャグラーはしっかりぶどうを数えていないと設定6なのかどうなのかがどうしてもわからなくなってしまいます。

設定6を使用していない店は見切ってしまうことが大事なので、面倒と感じても数えるようにしてください。

ジャグラーで負けないためには夕方から立ち回る

ジャグラーは夕方から立ち回るほうが勝ちやすいと言われていますが、なぜ勝ちやすいのかについて説明していきます。

夕方は情報が多いため立ち回りやすい

ジャグラーが夕方から立ち回ることのほうが勝ちやすい理由は、データがすでに十分に育っているからです。
ジャグラーはとてもシンプルなボーナスのみで出玉を増やしていく台のため、夕方まで回されていると設定が空き台から非常に推測がしやすい機種なのです。

朝一からの立ち回りは最初は難しい

朝一から立ち回ろうとすると、準備を前日からしっかりしないと厳しいです。
朝一は経験を積み重ねないと結果がなかなか出ず、下見を何度も繰り返しながら立ち回るのです。

そのため、夕方から立ち回るようにしてデータをたくさん取ってからホールを分析して朝一から勝負しにいくほうが低リスクとなります。

ジャグラーで負けない立ち回りは妥協しないことが大事

ジャグラーでなかなか勝てないときは、どうしても我慢が出来ずに適当な空き台に座りがちな人が多いです。
しかし自分が決めたラインより高い台に絶対に座るようにしましょう。

時には優秀な空き台がなかなか出ない日はあると思いますが、そんな時はそのホールから一旦出て違うホールに向かうようにしましょう。

ジャグラーで負けない立ち回りをするためにホール選びは慎重に

立ち回り方法についてここまで書いてきましたが、最後に一番大事なホール選びについて紹介します。
ホールを選ぶ際には設定6をしっかり使っていて出来るだけ稼働が多いホールを選ぶようにしてください。

稼働が低いと設定6はホールとしては使いにくいですし、単に稼働が高くても設定6をしっかり使っている店でないと座った時の期待値は低くなりすぎてしまいます。
現時点でどうしてもジャグラーで結果が出ていない人はREG確率に座っていはいけないラインをしっかりと作り、設定6を使っている店を選ぶようにしてください。

ぶどうを数えないと設定6を使っているのかどうしてもわからないので、なるべく早いタイミングで小役は数えれるように準備しましょう。
今回の記事を参考に、まずは負けなくなったよと報告を頂けると嬉しいです。

我慢する場面も増えるかもしれませんが、ぜひ頑張って立ち回ってみてください!

参考記事
ジャグラープロ 立ち回り
ジャグラー鉄板の立ち回り【夕方編】
初心者がジャグラーで月収5万円稼ぐための立ち回り

-ジャグラー立ち回り
-

Copyright© ジャグラーの立ち回り講座|ジャグラープロが伝授!! , 2020 All Rights Reserved.